あらたのヒト

システム本部

2009年入社

My work

あらたの仕事をネットワークで支えるシステム本部。運用部門は、社内システムからスマホの使い方に至るまでの幅広い問い合わせに対応し、大切な商品情報を扱うデータのやりとりなどが円滑に進められるようにサポートしています。専門性と対人における想像力が必要とされる中、人の気持ちを大切にしたいという思いを軸に、“みんなが何もなく、普通に働ける”状態を守り続けています。

システムを使うのは人間だから、基本のコミュニケーションを大切に

データ管理やコミュニケーションツールとして、仕事をする上で欠かせないネット環境。普段の業務では、社内ユーザーからヘルプデスクに寄せられたシステム関連の問い合わせに対応しています。全社員が障害なくスムーズに仕事をするための、システム修復や問題解決の手助けはもちろんですが、まずは信頼関係を築くことを大事にしています。

スピード感のあるデジタルの進化に対応することはもちろん重要ですが、扱うのはシステムであっても、使うのは人間です。進化が目まぐるしい一方、コミュニケーションの本質は変わらないと思うので、人の気持ちや立場を大切にしたサポートができるように心がけています。部署を問わず多くの人と関わることになりますが、システムを使う人と作る人の両方が気持ちよく仕事ができるようにすることが目標です。

デバイスの進化とともに求められることは
日々変化

スマートフォンの普及に始まり、最近ではテレワークによる社外でのPC利用の増加やビデオ会議の導入など、社内ツールへのニーズは絶えず移り変わります。システム本部に求められることも変化していくので、自分たちが開発していないツールに関する問い合わせを受けることも少なくありません。日頃の情報収集が問題解決につながるので、どんな要望にも対応できるように私自身もさまざまなツールを使うようになりました。社会の変化に合わせて、社員が働きやすい環境を整えていかなくてはいけないと強く感じています。

丁寧な対話からトラブルを紐解く

問い合わせを受けるときに必要なのは、特別なスキル・知識と合わせて、相手を思いやる丁寧な対応力。まずは話をよく聞いて相手の視点に立ち、そのやりとりから本当に聞きたいことを捉えるようにしています。いろいろな立場や状況の人を相手にする中で、どうして困っているのかを理解することが解決への近道だと考えています。

あらたに向いている人は?

システム本部は縁の下の力持ちのような部署なので、トラブルの対応を円滑にできるような忍耐強い性格であれば適任ですね。変化が著しい分野なので、システムの開発やデジタルトランスフォーメーションに興味がある人にもぜひ挑戦してほしいです。

皆さんへのメッセージ

就職活動における情報収集はもちろん重要ですが、自由な発想で働くことについて考えてみてください。視点を多く持ち、柔軟に対応できる人材になることはどんな仕事でも活きてくるはずです。あらたで取り組む業務は社会にとってなくてはならない仕事なので、やりがいも大きいですよ。

あらたのヒト