ページ内を移動するためのリンクです。
ここからメインコンテンツです
現在表示しているページの位置

おすすめ情報

【11月】入浴で女子力UP♪

2018/10/01更新

1日の汚れ・疲れをとってくれる入浴。入浴の時間を利用して自分磨きをしている人が多くいます。「きれい」を作る入浴法をご紹介します!

入浴にはどんな効果がある?



入浴をするだけで、多くのメリットがある事がわかります。
ここからは、そのメリットを利用した入浴方法で女子力UPを狙いましょう!


美容効果を高めよう!

入浴が美容に良い理由

◆自律神経の乱れが整う
 美容のカギは自律神経にあります。自律神経を
 整えることで肌荒れが解消されます。お湯の
 温度が2つの自律神経を刺激して働くように
 作用します。

 朝⇒熱めのシャワーで交感神経を優位に!
 夜⇒ぬるめのお風呂で副交感神経を優位に。

◆血行が良くなる
 浮力によって関節の可動域が大きくなると、
 さらにリンパの流れもUP。これにより、むくみ
 や冷えが改善されたり、顔色や肌ツヤも
 良くなります。入浴中のマッサージは効果抜群!

 

リラックスしてストレス解消!

1日の疲れを翌日に残さないためにも、入浴の「温度」「時間」が大切になります。
正しい入浴をすることで良い睡眠へと繋がり、心と体の疲れを効率的に軽減してくれます。

入浴のポイント

温度⇒38度のぬるま湯
  精神的にリラックスするためには、
  「ぬるめのお湯にゆっくり浸かる」が鉄則です。

時間⇒就寝前の2時間前までに入る
  人間は体温が下がったときに眠たくなるので、
  1度入浴で体温を上げたあと、だんだん
  下がってくるのを待つのが効果的です。

照明⇒薄暗い明かりがオススメ
  照明を落とすことで、心が安らぎます。




お風呂でシェイプアップ!

入浴で痩せやすい体質作り
入浴で汗をかき汗と一緒に毒素が排出されることで代謝が上がります。
デトックスしやすい=痩せやすい体質になります!

シェイプアップには・・・半身浴!
半身浴は、通常の入浴法とは違い、
体への負担をおさえながらも、血流を良くする
入浴法です。また、長時間お湯に浸かることが
出来るので、じっくり汗をかくことができます。

半身浴のポイント

温度⇒38~40度ぐらいに設定

◆時間⇒20分以上浸かる

◆お湯の高さ⇒胸より下

◆注意点⇒水分補給を怠らないこと!



関連商品

入浴剤
スキンケア、リラックス効果、発汗促進など、効能は様々。目的に応じて使い分けがおすすめ!
ボディスクラブ
肌のくすみや黒ずみ等の肌トラブルの元となりがちな古い角質をやさしく取り除いてくれます。
フェイスパック
洗顔が終わったら、軽くタオルオフしてパックを顔に乗せ、湯船で温まりましょう。

あらたについて

  • 営業機能
    • 営業機能
    • 営業機能の詳細
  • 物流機能
    • 物流機能
    • 物流機能の詳細
  • システム機能
  • あらたの取扱商品
  • おすすめ情報一覧
  • 季節の新商品一覧
  • あらたマンスリー
  • トピックス一覧
  • 季節の新商品
  • あらたマンスリー

お問い合わせ

  • 日本語版
  • English version